FC2ブログ

Entries

TOP > [なんでも]ゲーム未分類 > Memories Off -Innocent Fille - 感想
Memories Off -Innocent Fille - 感想
イメージイラスト
『これは、かけがえのない──そして負けない"想い"<コイゴコロ>』
『これは、かけがえのない──そして譲れない"願い"<ワガママ>』


えー長らくご無沙汰しておりました (ヾノ・∀・`)
なんと去年の年末にふりかえり記事書いてそのままとかいう事態に陥ってました
本当に!単純に!!書くモチベがなかったんです!!!

なんでいきなりメモオフ??と言われても
本当に・・・キャラがグっときた!グっときてしまったんだ!!!

・名作といわれているシリーズなのでいつか、何かのきっかけでやってみたかった
・単純にヒロインかわいいなぁと思った
・ヒロイン目当てでやり始めたゲームは個人的にハズれたことがない etc

まぁ厳密にいうとエロゲではなくギャルゲー分類でしかも今までこういったモノをやったことなく
エロゲの方にきてしまったので、実質ギャルゲーデビュー作ということになります
自分としてはエロの有無はたいして重要じゃないので、キャラが気に入ればやってみようというくらいなもんなのでね・・・

本来であればアマツツミを優先すべきなんですがどうしても、どうしても気になって始めてしまったんです
基本はかけもちなしで一つにしぼってクリアしていく、というのが自分の基準なんですが
今回ばかりは例外中の例外ということで/(^o^)\

攻略期間:4/28~5/13
GW全部つぶしてやり遂げましたよはい。


毎回、感想とはいってますが・・・
実際のところは自分の気持ちを整理するためにつけてるようなそんな記事なんでいつも通り参りましょう。
※いつものごとくネタバレ注意です※



シナリオ
過去の事件によって心に傷を負い、窮屈な人生を過ごしてきた主人公、楠瀬累(かさね)
トクトク制度と呼ばれる制度を使って地元を離れ、幼馴染たちが過ごす姉妹校へと転入
「累(かさね)って書いて、読めないから『ルイ』!」
約7年ぶりに再会した元気な幼馴染の紹介で始まった学校生活

────勇気を出して踏み出した、ささやかな一歩
それは、自分一人では容易く掴む事の出来ない未来へと向かっていく。

・・・って堅苦しく書いてますけど要は触りの部分ですねw

・他人にまるで興味がないノエルちゃん
・おバカ一直線で下宿先の大家さんの娘である寿奈桜ちゃん
・幼馴染の柚莉、その兄である莉一(リーチ)等々

比較的名前は覚えやすかったかなって感じです。ぶっちゃけやる気の問題か

教室でふっかけられてるノエルちゃん、華麗に主人公が救出です
もうこの時点で最高すぎる、ここからどうやって仲良くなっていくんだああああああとワクワクしていた
教室の片隅で.jpg

・ハーフなんでやたらと目立つ上に、めちゃくちゃ綺麗
→勘違いした男子が告白してしまう→撃沈
→その男の子のことを好きだった女の子が逆ギレ というあるあるパターン

わりと学生あるあるなんですごい心が痛いですね、はい。

そんな中、7年前の事件にて死んだはずの琴莉をホームで見かけて・・・??
果たして累がおかしくなってしまったか!?琴莉は実在するのか!?
───止まっていた時間が、動きだす
見かけた琴莉




ライト・サイド

このゲームの構成は大きく分けて二つに分かれており
・ライトサイド・・・未来へと向かっていく物語
・ヘヴィサイド・・・過去と向き合う物語

となっていて一週目はライトサイド固定で、ゲームそのものとしてはヘビィサイドに重点が置かれています

ライトサイドでは他校の後輩であるノエル・寿奈桜が攻略できます

ではではいつも通りに各√(END)をサラッと紹介していきます、BADは基本的にすぐ終わるので割愛

■ノエルEND1 【Bonne Fin】
基本的にはノエルちゃんと少しずつ仲良くなっていくお話です
彼女につられてゲーム始めたと言っても過言ではない、最強のヒロインですねはい。はい。
会ったばかりの頃は目を合わさずにつっこんどんなのですが行く先々でナンパされてるので
どうしても放っておけず・・・助けるうちにあれよあれよ好きになってしまいます
この√では主にノエルちゃんに起きている「いじめ」がメインテーマになっていて
そこら辺のテキスト読んでる時がほんと~~にキツかったよ!!
特に「主人公がプレゼントしたキーホルダーを叩き割ってトイレにポイ」する描写は心臓がえぐられるようだった^q^
いじめテキスト

最後は累が周りの協力を経て無事、和解までもっていくというハッピーエンド路線ですね
個人的にここの名前で呼んでいいですかイベントが一番ぐぐぐっときましたね
ノエルEND


ちなみに彼女は過去作品の6で出てくるヒロインであるクロエさんの妹だそうな、当時のプレイヤーは感激ですね!
ノエルとクロエ




■ノエルEND2 【Je suis venu】

一週目って「え!?これで終わり!?」みたいな終わり方をするんですよね実はw
一度ノエルENDを見た上でもう一周すると後日談が見られます
「いじめを解決して付き合始めたはいいが、トクトク制度の期限が終わって帰らなくてはならない」
この問題をどうするのか向き合っていく本編のその後がみられます
ちなみに巫女さんノエルちゃんのCGが見られるのここだけ!う~んくぁいいぞ!!!
ノエルとベッドイン

お互いに「今は遠距離で我慢、出来ることをしていこう」と結論付けるのですが・・・
ノエルちゃんの方が我慢できずにきてしまいましたとさ!ベストエンディング、最高でございました
ほんっとかわいかったよ、尊さ5000兆点。
この時点でこのゲーム買った意味があったよもう満足でした。
ノエルEND2




■寿奈桜END【契、そして】

ライトサイドといいつついじめの描写がえげつなく、既につらかったのですが
こちらは俗に言う「修羅場ルート」となっていて親友同士で主人公を奪い合うアレです(・∀・; )
テーマとしては「依存」ってところでしょうか、自分としての選択を常に考えさせられる内容となっております
いじめられてるノエル、いじめグループの親玉の神崎、そのどちらとも親友のポジションの寿奈桜ちゃん
アホの娘属性の彼女ですが、彼女なりに精一杯考えて行動していく姿が共感できました

「親友としてノエルを応援する」立場でいたのですが二人の仲を取り持とうとすればするほど空回り
なおかつ勝手に涙がこぼれてきて部屋から飛び出してしまう等々、非常に現実味のあるシーンでした

頬をひっぱたき合うシーン、胸が締め付けられるような思いデス( 。 д° )
修羅場

冒頭の青文字で書いたキャッチコピーはつまりこういうことですね

取り急ぎクリスマスまでに結論を出せと迫られる累、しかしどちらかを選ぶということはどちらかが泣くということ
煮え切らないまま当日を迎え、「どうしてもと言うならば」とノエルがテニス勝負をしかけます(お互いにテニス部だったため)

ここのポイントとして「勝った方が累を好きにできる」という内容だったのはうまいなぁと
普通だったら「勝った方がそのまま付き合う」なんですがノエルちゃんは最初から勝って譲るつもりだったわけですね

印象に残ったのはこの最後の選択肢
なんとこれ、どっち選んでもBADEND直行とかいう鬼畜要素なのである
寿奈桜、最後の選択

正解は、どっちも選ばない(タイムアップ)
真剣勝負の瀬戸際、親友のどちらかに頼るのではなくまぎれもない自分の意思、選択で立ち向かっていかなくてはならないわけですよ
今まで常にだれかの顔色を窺って甘えてきた彼女が最後に見せた大きな決断、成長の物語ですねー

ラストは累に晴れ姿を披露、ノエルちゃんともより親密になるのでした
寿奈桜END




■アナザーEND 【Memories OFF】

ホントはヘヴィ√一周すると解禁されるんですけど扱いとしてはライトサイドなんでこっちでw
いわゆるファンサービスというやつで過去作品のキャラが総登場でYukuruのマスターである信さんと京さんが結ばれるお話です
ノエルちゃんもおまけ程度でしかでてこないのであくまでも本編とは別で、メモオフ最終章としての位置づけと考えてよいでしょう
ちなみに私はシリーズ一切やってないので全然わからなかったよ!!
シリーズ通して遊んでいた昔からのファンは感涙モノだったのではないでしょうか
Memories OFF END




ヘヴィ・サイド

後輩ちゃん二人を攻略してヘヴィサイドにくるわけですがここからは更に重たい話がのっかってきます
ここからは普通に死人がでてくるので中々ハードでございました

こちらでは幼馴染の柚莉・琴莉に加えてノエル裏√+真相√(瑞羽)という形式になってます
ここまで進めるとタイトル画面がとても意味深なモノに変化する演出がよかったですね
ヘヴィサイド-タイトル画面


ライトサイドでは親友のリーチが「琴莉の事を忘れないように」と自らが女装をして欺いていたという展開で
以降、琴莉に関しては「幻だった」という認識で全くでてこないのですがこちらは実は本当に生きていたんだよ!!!という衝撃の展開から始まります
琴莉と再会


しかし雰囲気は似ているがどこか信じきれない
水族館で密会デートをしていたときにリーチから告げられた真実は残酷なモノであった!
「なるほど・・・そういう"設定"か」
告げられる真実

7年前の事件以降、柚莉には琴莉の人格が同居していたのであった・・・




簡単にいうと二重人格というやつです
・7年前の事件で琴莉が死んでしまった
→しかし母親の些細な言葉をきっかけに琴莉のマネごとをするようになっていってしまった
→今では完全に分離して、一人の人格として成長してしまっていた

・柚莉の体を思うと一つの体に二つの人格はそもそも負担が大きい
・完治させるには琴莉とはなるべく接触しない方がいい
・でも累にとっては初恋の人で無視することができない

二律背反

柚莉の「自分の身を引いて周りを優先させる」ような性格がトリガーとなってしまったこの事態
果たして累はどっちを選ぶのか!?といった展開ですね

柚莉と琴莉の関係上、体はひとつなので入れ替わりが激しくそのやりとりが見てて飽きませんでした
特に鏡を使って自分と対話する、一人でブツブツ言ってると怪しまれるので電話をかけているフリをするなどなど
あの手この手の工夫がみられたかなって感じですw
柚莉と琴莉の対話

また、最後の方はお互いの気持ちがごっちゃごちゃになりトンでもねえ展開になります→見たい方はこちら
最初の方に書いた赤いキャッチコピーのような状態になりお互いが邪魔に感じてきて精神が壊れていってしまうのであった・・・


■ダブルEND【ふたり共に】
選択肢を放置していると「選べるわけないだろっ!!」という怒号と共に思考がショートしてしまう累
累が壊れるのはどちらも望んでいないため、みかねた柚莉たちは一時休戦を提案
「依然として何も問題は解決していないが、しばらくはこうやって生きてこう」というなんともスッキリしない終わり方になります
ただエンドCGをみてると両手に花でなんとも幸せそうな感じw
ダブルEND





■柚莉END【大好き】
選択肢自体は大量にあるんですが、実際の分岐は最後の大一番だけなので全体の流れに差がほとんどないです
「ニセモノだったとしても、それでももう一度初恋の人に会えてうれしかった」
「でも今はそれ以上に柚莉の方が大事である」
本来なら存在しない琴莉よりも柚莉を大事にしたいと勇気を出して伝えた結果、海岸まで逃げられてしまうわけですよ

そしてここの場面!一番うまい演出だなぁと思ったのがここですよ!!
カッターの照り返しに表情がうつり、柚莉と琴莉が交互に映し出されるテンポ感
ここの本人たちの葛藤が一番印象に残りましたね、最高でした
カッターの演出

二重人格いえども元々は一人の心です、本人たちが納得すればまた一つに戻るのは必然
なんかとても考えさせられるような内容でした、リアルでこういう人もいるようですし・・・

無事に元に戻った柚莉は今度こそちゃんと想いを伝えることに
今まで我慢していた分、いなくなった琴莉の分まで累に甘えるのでした
「こんにちは、私の初恋」ってなかなか粋な表現ですねw
柚莉END




ノエル裏√+真相√(瑞羽√)

突然ですが、彼女をみてほしい
名前は日紫喜さんといってちょいちょいでてくるいわゆる委員長キャラである
そう、だれがどうみてもそんな立ち位置にしか見えないし実際にノエル√で助けになってくれる優しいおねえさんキャラなのだ
ま ぎ れ も な い サ ブ キ ャ ラ だったはずなのである
日紫喜さんのハンカチ
ちなみのこのイベントは最序盤のロシアンたこ焼きの追加選択肢でしか見れない非常にわかりにくい伏線なのである

さてここまで4人の女の子を攻略してきたわけですがこのゲームのメインはなんといってもこれですよこれ
ライトサイドで攻略できるノエルちゃんですが実は柚莉の約束をぶっちぎればヘヴィサイドでも攻略することが可能なのです
展開としてはライトサイドと同じ、いじめの問題を露呈しつつ累と仲良くなっていく内容なのですが

・下駄箱ごと靴に水をぶっかけられる
・カバンに封筒つっこまれてフタの部分にカッターの刃(中にはフランス語で脅し文句)
・ハーブティーに睡眠薬混ぜられてフラフラになる
 などなど

トンでもねえ内容になっております
特に最後なんて選択肢ミスるとそのまま電車に轢かれてBADEND直行とかいう鬼畜さ;;

この√では主人公はさながら探偵のように、謎をヒモ解いて犯人を特定していきます
・・・といってもそんなコトをしそうな人物は一人しかいないんですけども

かくしてお泊りイベントまで発生するわけですがこんなにもかわいいノエルちゃんに魔の手が迫っていたぁ!!
下着ノエルちゃん



其れは雪片。咎めの如く。

そして事件は発生してしまうのであった
過度ないじめをしていた犯人は琴莉、ノエルを呼び出し殺そうとするも失敗、しかしどうも中身が違うようで・・・??
日紫喜さんと狂気の琴莉

寸でのところで日紫喜さんに助けられて事情を説明される累
彼女はなんと7年前に死んだはずの真方琴莉だったのだぁぁぁぁぁ!!!
日紫喜さんの寝顔

工工工エエエェェェ(° д 。)ェェェエエ工工工
ついさっき↑で雑な説明をした彼女は実はこのゲームの真打、メインヒロインだったのである

髪を下すとあら、不思議、過去の回想にでてくる記憶の中の琴莉にそっくりです
過去の琴莉

これはまさかすぎた、ここにきてこんなかわいいヒロイン追加なんてありえなくないですか普通??
ノエルちゃんに傾いているプレイヤーの心をわしづかみにする見事などんでん返しでした
これで心がゆさぶられないプレイヤーなんて果たしているのだろうか????
瑞羽ちゃん


■7年前の事件の真相
・真方家は実は三つ子ではなく「母方の子供であるリーチと柚莉、再婚した父方の子供である琴莉」と分かれているため血がつながっていなかった
→世間体を気にしたのと歳が近かったのでそういうコトにした

・火事が起きた際に累は「琴莉を守れなかった」ことを罪だとしたが実際には守れていた
→「親父を酒瓶で殴って殺してしまっていた」というのが事実、罪という認識をするべきは本来そっちの方

・その後からくも逃げ延びた琴莉だったが祖父に引き取られて、そのまま死んだことにされていた
→日紫喜瑞羽という名前を得て累の知らないところで第二の人生を歩んでいた

・しかし先日の学園祭にバッタリ出会い、動揺してしまって抑えるのに必死だった
→累は琴莉に会ったことに対して突然、涙を流している
→これはプレイヤー側からするとロシアンたこ焼きのわさびに当たっただけという認識しかできないうまいミスリード


などなどこれまでの伏線が一気に回収される怒涛の√でございました


しかもこれで終わらずさらなる追い打ちの展開が
ライトサイドでは気さくな親友ポジだったリーチが重度のシスコンで琴莉が性的に大好きだったんですよ
なにかとつけて柚莉にその気があるような発言が多かったんですがこれはあくまで冗談めいたもの
ガチの方だとはプレイヤーは気づかないよこんなのぉ!!
てかCGがいちいちエロい、エロすぎる、力入りすぎじゃね?ww
北半球が半分ハミでてんですけどぉ!!話入ってこないけど瑞羽ちゃああああああん
つかまる瑞羽


・様子がおかしい琴莉の正体は第三の人格「希莉」
(;´゚д゚`)エェェェェェェエー まだ中にいたのおおおおお
直前の柚莉√で全部タネ明かししたとみせかけてこれである、またもミスリードを誘われてひっかかるの図

・真方の母親のお腹の中に存在していたが死産だった
柚莉と琴莉の願いを聞き入れるためだけに生み出された人格
初めて出てきたのはおそらく火事のときで、累が酒ビンで殴りたおした後に更に父親を滅多刺しにしていた
→直後に琴莉からペンダントを奪い去り自分のモノとして扱っていた
→序章でペンダントをしている琴莉をみかけたのはそのため、実際に現品を奪っていたから持っていたのである

・真相√に入る際に、累は琴莉に対して拒絶するような反応をとらなければならなかった
→拒絶された琴莉の「ノエルちゃんがいなくなってしまえばいいのに」という軽い嫉妬のような気持ちをくみ取って表面化したと思われる

つまりめちゃくちゃややこしいのですが
本来であればリーチ、柚莉、希莉の純粋な三つ子になるはずが、希莉が死産しリーチと柚莉の双子が誕生
→後に、再婚して琴莉が家族となり世間体を気にした父親が三つ子いう扱いにした
→累はそのことを知らずにリーチ、柚莉、琴莉という三つ子だと思っていた ということになります

・・・ややこしいわ!なんだこれ!!(°д°ノ)ノ

そんでもって助けにいくわけですけど
主人公つえー系とか異世界系やってると感覚がにぶるんですが、コトこのゲームにおいては至極マトモな感想の累でした
希莉、覚醒

まぁなんだかんだいっても最後は主人公の言葉が一番効きますよねw
見事に自我を取り戻した三人の人格は無事に沈静化したのでした
最後の抵抗


「本来なら火事や親父から守るのは累じゃなく僕だった」と語るリーチ
まさかの親友キャラが逮捕されて終わるというなんとも苦味のある終わり方なんですよねこれ・・・




■瑞羽END【其れは雪片。咎めの如く。】
全てが終わり、片がついてめでたしめでたし・・・とはいかなくて;;
深夜の学校に不法侵入+親友が警察ザタなどなど色々あってトクトク制度がクビになります/(^o^)\
急激に現実に戻されたようでなんだか笑っちゃいますよこれwwどんなオチだよww

故郷に戻らなくてはいけないので瑞羽も学校をやめてそのままついていくことに
昔の真方の家の跡地へ赴く二人、初恋の二人は長い時を経て結ばれるのでした
瑞羽END

専用ヴォーカルENDである「あがらない雨はないんだよ」が流れます
泣いた。ただひたすらに感動した。ありがとうメモオフ。




■ノエル&瑞羽END【まだ見ぬ、未来へ】

実は学校へ向かう前の選択肢でノエルちゃんをどうするかが出てきます
日常に戻ってもらう or 今ここにいるノエルの想いを大事にする といったところでしょうか

これがほんっっっっっっっとにキツいんですよ
ここまでプレイしてきたプレイヤーにとってノエルちゃんはかけがえのない存在になっていると思います
というか自分がそうだったし実際に一番好きなったのはノエルちゃんだしノエルちゃんのためにこのゲームかtt(ry

でも上記の瑞羽ENDいくためには辛辣な言葉をかけて帰ってもらわないとなんですよね
それが非常に辛かったよ・・・もう胸が締め付けられる思いだぁ・・・
最後の選択肢

そんでもって逆を選ぶとまぁBADにはなりませんが、共棲ENDに派生します
柚莉&琴莉ENDみたいなもので、未来はこれからだ!といった感じでしょうか
ただENDで流れる曲は他のモノと一緒なのでスタッフの意図したトゥルーENDという位置づけはやっぱり瑞羽なのかなって感じはします
ノエル&瑞羽END




CG、BGM、演出、etc

CGは見せまくってるので今更いいですよね。
強いていうなら瑞羽が力はいりまくってるのかなーと
最後の√しかでてこないのに10枚近く描いてあるとかいう気合いの入れよう、すごいぞ真ヒロイン!
しかもネタバレ防止のためか最終√に入るまで瑞羽は表示されません、徹底的だぜ
CGリスト


BGMは50種類くらいあるのですが自分としてのお気に入りはヘヴィサイド入った時のタイトル画面でしょうか
実際には差分みたいな感じで同じメロディだけど使う楽器を変えて雰囲気を変えてるようです
ライトサイドではピアノメイン、ヘヴィサイドではヴァイオリンがメインみたいってどっかに書いてあったような?
せっかく環境があるのでそれだけ撮ってきました、聞きたい方は再生どうぞ


演出なんかはすごい現代風になってますよねこれ
LINE的な何かなんですけど作中だと「ちょこ」と呼ばれています
主人公は機械音痴なのでプロフ画面もそのまま、細かい演出がみてとれますね
ちょこ画面




終わりに

なんかもうすごい久しぶりに、純粋に感動したなーって感じです
もう他に言うことがねーよ語り尽くしたよ最高だったよ・・・最高の純愛だった
ファンタジーでもないSFでもない異世界でもない能力バトルでもない
実在する場所をモチーフにした男女の甘酸っぱい記憶の物語、心に沁みわたりました

元々名作シリーズなんでやりてーなーと思ってたところに新作でたもんなんでつい・・・
OPみて一瞬で惹かれたし一ヶ月遅れとはいえ衝動買いしてしまった
サントラと設定資料付の限定版を買わなかったことに後悔しかなかった。ナニヲヤッテイルンダァ orz
ノエルちゃんが本当にかわいかったよ、ここ数年で間違いなく一番好きなったキャラです
裸Yシャツノエルちゃん


強いて言えばね?どうせキャラゲーかそんなもんだろうなぁーと思っていたのですが・・・
「7年前の事件」という一本筋の通ったメインシナリオがあって十二分に楽しめました
ライトサイドではその辺をチラつかせつつもキャラがメイン、ヘヴィサイドで真相をお楽しみください
というような構造もうまかったですしGWが全部潰しましたよ、ええ
「100%完全なハッピーエンド」ではないというのも魅力なのではないでしょうか
累も「色んなものを失った、けれど一番最初の大事なモノは守れた」みたいな表現をしてますしね

タイトルのイノサンフューユはフランス語で「無邪気な少女」という意味合いらしいです
作中でも実はノエルちゃんが希莉の正体が発覚した時にちゃんと回収しています、これもよかった
タイトル回収

初めてのギャルゲーでしたけどエロゲーと違うのはその後の展開ですかね
エロゲーでは仲良くなった後にえっちをして問題を解決していくのですが
ギャルゲーは交際した時点でもうゴールみたいなものだったので・・・そこがちょっと残念だったかも
とはいえ学生同時の微妙な距離の取り方、悩みなどなど共感しながら読み進められましたので大満足でございました

また公式ツイッターより7月に補修という名の追加DLC配信決定しています、これは嬉しいぞ!



こんだけ書いても久世さんのとことかBADENDとか全部すっとばしてるしね、もう語りつくせないね
本当に素晴らしいゲームでございました ⊂⌒~⊃。Д。)⊃
スタッフさんありがとう、ありがとう

クリアリスト

スポンサーサイト

<< アマツツミ -感想- | HOME | BALDR BRINGER EXTEND CODE 感想 >>

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://splbs.blog.fc2.com/tb.php/177-d58cdeb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

SPL

Author:SPL
ゲームや漫画、アニメ大好きな社会人
主にエロゲーメインです
pso2:Ship08で遊んでます
招待ID:12113122
連絡先はこちら
spiral_alive_love■yahoo.co.jp
■→@へ
ツイッター→SPL_BS

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2ブログランキング参加中

お気に召したらポチッとお願いします

今まできてくださった方の数

StyleKeeper

ブログ内検索

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる