FC2ブログ

Entries

TOP > スポンサー広告 > トリノライン -感想-TOP > [エロゲー単発]トリノライン > トリノライン -感想-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< BALDR BRINGER -感想- | HOME | ハピメアFD -感想- >>

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://splbs.blog.fc2.com/tb.php/174-c13ae268
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トリノライン -感想-
トリノラインTOP

「それでも、私は。」

幼き頃に妹が死んだ、溺死だった
心にひっかかりを覚えたまま成長した主人公
そこへ幼馴染の天才少女、紬木沙羅が再び現れる
"トリノ"という妹の記憶を引き継いだアンドロイドを連れて。

「これから、よろしくお願いします」
「お兄ちゃん」



はい、ということでお久しぶりですまーたしばらく間が空いてしまいましたねーというのも

・8月末にグラブルを始めた
・思いのほかのめりこんでしまって一ヶ月程度トリノラインをほったらかしていた
・その間にToS復帰したりpso2ほったらかしたりまぁ色々やっていた


そんなことはどうでもいいとして!今回はこちら!
minoriが送る最新作トリノラインでございます


攻略期間:8/8~10/15
今年の3月末にでたんですが相変わらずのほったらかしっぷりで積みあがってました
その頃はちょうどうたわれが終わってハピメアやりはじめた頃ですね
そんでもってそれが終わったのが8月なんでそっからスタートしましたよっと

いつも通り結論からいうと最高だった!
・・・いつもこれしか言ってねえなこいつ



※ネタバレ注意で続きを読みたい人はどうぞ※



シナリオ

従来のminori作品がどういった感じなのか全く知らないのでなんともいえませんが
今作の構成はとてもシンプルで
・攻略ヒロインは三人
・選択肢は一回だけ、それも二つのみ
・初回はシロネか夕梨が攻略可能
・一方をクリアしたあとで同じ場面にいくと強制的にもう一方の選択肢へ
・二人とも攻略した状態で最初から始めると沙羅√突入

という感じになっており変にこじれておらず、ストレートに進めることができました

シナリオで勝負するタイプですね!!
ということで今回はサラっと書いていきましょう
沙羅だけに




共通√

幼い頃に死んだ妹に対してうまいこと割りきれずにいた主人公
幼馴染で年下の夕梨が気を遣ってくれるも、しっくりこない日々を過ごしていたわけですね

ふくれっつらがかわいい夕梨ちゃんですねはい。
ふくれっつらの夕梨

そんな中、これまた幼馴染の天才少女、紬木沙羅が再び主人公の前に姿を現して・・・?
沙羅ちゃん

やってきたのは妹の記憶を引き継いだトリノ、シロネだったのだぁ!!
はぁなんかもう見てるだけで癒されますねこんな妹ほしかったですはい。
水やりをするシロネ

・RRCというロボット工学の最先端をいく研究所で"トリノ"を開発
・主人公の父親が残したその研究を沙羅が継いで行っていた
・その実験の一端として家族にトリノと過ごしてもらうことに


沙羅は「止まったままの主人公(瞬)でいてほしくない」と事故当時から研究に没頭してたそうな
そんなわけでとりあえずでいいからシロネと過ごしてほしいということに

瞬は徐々に受け入れていくも、母親は納得できず・・・ついに決定的仲違いしてしまいます・・・
仲違い

ここね、シロネは悪くないんですよね・・・ (;∀;  )
沙羅につくられて、白音としてふるまうようにと努力はしている
母親もそれはわかっている、しかし幼き日の白音と重なり
思い出が壊れていくような気持ちになってしまう、という描写が非常にうまくて心が痛かった




母親とはしばらくおいて、沙羅が用意してくれた新住居にシロネと二人暮らしすることになった瞬

次第に二人は
「妹の代わりではあるが、妹としては見れない兄」
「妹として幸せに導くはずが、兄に恋してしまう妹」
という関係になってしまいます

まぁこれはあるあるですね、妹の白音としてではなくシロネという一人の女の子として意識してしまう
一方でシロネも「お兄ちゃんを幸せにする」という最上位命令のもと、どうしても衝動を抑えきれなくなっていき・・・
コンナコトをし始めてしまうわけですね

シロネは非常に高性能なアンドロイドで素体に莫大な予算をかけてるので
そりゃもう見た目や中身は人間とほぼ同じ!

お互いの気持ちを通い合わせてついに本番までたどりついてしまいます!

しかし二人はアンドロイドと人間、それも兄と妹(設定ですけど)

そもそもこの気持ちはなんなのか?本当の意味での好きって?
愛ってなんなの??これは"私"の心なの??


ループする自問自答にバグを疑い始め次第に正気でなくなるシロネちゃん
シロネの暴走

ヤケになり飛び出した先、瞬の説得もむなしく海へと飛び込みそして・・・・

七海瞬は一命をとりとめたものの、記憶喪失になってしまったのであった




シロネ√

はい、ということで記憶喪失になってから本編が始まるというトンデモシナリオでした
これは素直に驚きましたね
ここからどうやってつないでいくのか非常にそそられる始まり方でした

テーマとしては
『人間とアンドロイドは幸せになれるのか』というお話です

物語としては特別なことはなくてゼロからスタートして再び恋人になれるのか、というような展開になりました

日常生活でお互いに理解を深めていく描写が圧倒的に多いため
目立ったイベントのようなものはほとんどなかった気がします


シロネにはアーカイブス機能というものがついているのでそれで
さかのぼって記憶をみてみることに
おでこ合わせ

・以前は恋人同士だったと告げられる
・シロネがバグだと思っていたものは実は自我
・それこそが"トリノ"の真骨頂

なんやかんやあってまたしても恋人同士になる二人
人間とアンドロイドは共に幸せになれるのか、二人の葛藤は続きます
■シロネちゃんとお楽しみ■




より絆を深めていくにつれ互いをもっと理解したいと思うのが人間というものですね

シロネを人間にすることはできない、だったら自分がトリノになればいい!
という逆転の発想で研究を強行していく瞬

しかしその結果・・・脳に致命的なダメージが入り
眠っている時間がどんどん長くなる奇病にかかってしまいます

いやほんとなんじゃそらですよ (。  д  。)
これはマジで読めない展開だった、信じられなかった


自分が悪いんだと責め続ける沙羅
対して瞬は「自分が死んだ後もトリノプロジェクトを諦めないでくれ」と励まします
後悔する沙羅




・人間は永遠に生きられないからこそだれかを愛す
・永遠に生きられるなら相手を好きになろうとはしないのではないか
・お互いがトリノであったらお互いが必要なくなるのではないか


一時はトリノ化を目指していた瞬ですが最後の最後で命題の答えを残していきます
「ぼくはトリノにはならない」

死ぬ間際にシロネが「お兄ちゃん」と連呼するシーンがあるんですがこれがまた本当につらかった
ここで泣きそうにならないやつがいるのか!?えぇ!?いるわけねえだろ!!と言いたい

そしてここからがさらに衝撃の展開で・・・シロネが後追い自殺します;;
シロネの最期

ええええええええええなにこれうそだろおおおおおおおおおお (;∀;  )
そうこの√、まさかの主人公&ヒロインが両方退場する終わり方だったんです

『人間が生きるということは「記憶の連続性である」』
『つまり、死ぬということは「記憶の断絶である」と定義すれば、アンドロイドですら死ぬことができる』


シロネが最後に瞬に宛てて書いていた手紙には「幸せだった」と
シロネも既に自分の中で、答えを見つけていたのだということですね

瞬の言いつけ通り、その後も変わらずトリノプロジェクトを進める沙羅
『死んだ』と言ってもそれはそれ、自らで記憶の全消去をしていただけなので素体はそのまま
新たに調整した三番目のシロネと思い出の場所を巡っていると
泣けないはずのトリノがそっと涙を流したのでした
シロネEND

はい・・・正直なところ初手からこれはキツい、キツすぎる
minoriってこういうゲームなの??こんな精神的にエグってくるの???と本気で首をかしげてました・・・




夕梨√

テーマは「生きるということ」

おいおいシロネに続いて死ぬんじゃねーのかおいおいおい
と思ってましたけどそうじゃなかったデス;;

笑顔の素敵な夕梨ちゃんですがしかし・・・
瞬に対して「付き合っていた」と大嘘をついてしまいます
なぜそんなウソをついたかと言うと、実は夕梨は不治の病にかかっていて
この夏までしか生きられないからなのです!
おおおおおおおおおおい結局そっち方向の話かああああああああああい (。  д。 )
わかってたけどテーマが重いんですよねこのゲーム
なんか買う前に思ってたことと全然違ったよ・・・・


思い出づくりのために瞬の記憶喪失を利用してウソをついてしまった夕梨
しかし瞬はそんなことなどおかまいなしにその笑顔に引かれて次第に本当に付き合っていくことになります
例の事件により、メンテと称して回収されていたシロネの代わりとなり通い妻状態の夕梨ちゃん

料理が(わりと)へたくそな幼馴染ってやつですよ!!
ずるい・・ずるくない??
お料理夕梨ちゃん

いやぁこの辺はほほえましかったですねはい。ああ青春SONOMONOだ
あーん




とはいえ彼女の病気の進行が止まることはなく・・・なんとならないかと沙羅と相談した結果がなんと
「もう一人の夕梨」の存在です

・沙羅が開発しているトリノシステムの応用
・素体は高すぎて用意できないのでシステムだけを利用
・専用のアイテムを使っている間だけ、存在を認識できるというシロモノ

夕梨とユウリ

「私は死んじゃうけど、この子がいるから!」

死にいく自分の代わりに「ユウリ」というもう一人の自分を愛してあげてと夕梨ちゃん

なるほどそうきたか!って感じですけど
ああでもそうですよねこの展開って絶対この後こうなるだろうなぁというアレがありますよアレが;;



夕梨のいいつけ通り、時折ユウリの相手はしては、とっかえひっかえして今度は現実の夕梨とデートをでかけていく
そんなことを繰り返していくうちに元々同じ人格だったはずの二人は瞬の中で大きくかけはなれていってしまいます

決定的だったのは治療の前段階として、島を長期間離れていってしまったとき。
どんな意見でも味方をしてくれるユウリの心地よさに酔ってしまい
偶然が重なって夕梨の電話とすれ違いになって・・・
ユウリに浮気

ユウリは所詮トリノシステムの応用です
主人である瞬の意見に反対することはなく、自分にとって非常に都合のいい存在になってしまうわけですね




理想であるユウリとままならない現実の夕梨・・・!
本当に大事なのはどちらか、自分が好きなのはだれなのか
そんなことはわかりきってますね??

必死の説得により和解する二人、ヒュークロムという最新の治療を受ける決心がつき、無事に未来を紡ぐのでした

夕梨は純粋なハッピーエンドでした、死ななくてよかった本当によかった・・・
夕梨END

体のダメな部分を別のパーツにどんどん置き換えていく
→それを繰り返していけば体は完治する
→しかし果たしてそれは生きていると言えるのか

夕梨「私はそうは思わない」
瞬「それでもぼくとしてはやってほしい」

→代案として人格だけ移した『彼女』を用意する
→しかしそれもまた現実から逃げているだけではないか
→それでもちゃんと向き合えるのが人間だ
ということで・・・
ほぼ確実に死ぬであろうヒロインと主人公との葛藤のお話でした

■それと・・・プールはえっちするところじゃねえぞぉ!!■




沙羅√

二人を攻略し、世界感にも慣れ切ったところでついにきました沙羅ちゃんです!
今までの話も感動を誘いましたがまさに「トリノライン」というゲームの
メインを飾るにふさわしい内容となってました
裏切りの日比野


まず大きく違うのは主人公が記憶喪失になりません

・シロネが家にくる
→お母さんの精神状態が不安定になる→沙羅√へ

沙羅√へいかない
→シロネと二人暮らしになる
→シロネがバグを勘違いして暴走
→瞬が記憶喪失になる
→シロネ+夕梨√の話 という時系列になります


シロネがバグを疑い始めるのと同時に
RRCからの命令でシロネに簡単なチューリングテストを受けさせられます

やれあなた好きな人と違う女性が~~
あなたの好きな人と大勢の人間がいますがどっちは必ず死にます~~
などなど卑劣な質問が投げかけられてしまいます

これは見ててつらかった、無機質な機械音が不気味さを際立たせます
テスト中のシロネ

見事な「フレーム問題」にひっかけられて再び錯乱状態に陥ってしまうシロネちゃん
立ち合いにきた瞬に助けを求めて・・・・??



「あの試験は仕組まれていた」
自分の意図した質問ではなくすげかえられていたことに憤りを感じ、
それと同時に失敗した自分を認められなくなってしまった沙羅ちゃん

うわー、でたよー、ハイライトがなくなっていて生気がなくなってます
いわゆるレイp目ってやつですねこれは
自殺寸前の沙羅


しかしそこは主人公、夕梨に背中を押され僕には沙羅が必要なんだと思い切って告白

はいでた!!研究大好き天才少女の乙女の顔ですよはい!!!ずるすぎ!!
こんなんこっちまで顔がにやけちゃうだろいい加減にしろ
普段ツンツンしてる娘が急にオチるの本当に好きですありがとうありがとう
照れる沙羅

■※何度もいいますが、プールはエッチする場所ではありません※■

■あ  り  ま  せ  ん !!■





研究者として立ち直った沙羅はトリノプロジェクトの失態をとりもどすために再び歩み始めます
トリノを進化させる鍵はズバリ「答えを推測する力」

例えば

バナナは黄色い、じゃあリンゴは?→赤い

トマトは野菜、じゃあリンゴは??→果物


といった感じで私達は連想という形で即座に解答できますね?
これがロボットに組み込むとなるととてつもなく難しい・・・すごく現実的な話ですね

そのためには古くからRRCと携わっている瞬の協力が必要不可欠

しかし度重なる脳のスキャンはとてつもない負担をかけると・・・

これは既にシロネ√やってるプレイヤー側からしたら
「まさか・・・まさか・・・この√も瞬は死ぬのか??」と思ってしまう見事な導線でした
心配する沙羅

「彼女」として「彼氏」の安全を取るのか
「研究者」として「実験体」扱いするのか葛藤がよかったです




どうしても答えを見つけられない・・・そう思っていた矢先に瞬の言葉が突き刺さります

「沙羅が完璧すぎなくて助かったよ」

トリノは人間に寄りそうパートナーとしてつくられている
つまり人間らしさ、人間の持つ不完全さこそ必要だったのだと

常に100%の答えではなく80%の答え
「絶対に傷つけない」ではなく「命に別状がなければ軽傷でも問題ない」という判断を下せていればOKということですね
人間は答えがわからなくても前に進むことができる
その再現こそがトリノのさらにもう一歩先を行く『真トリノ』へ至る道である
ヒントは得た

ロボット三原則に縛られない真トリノの法則
・自立:自己の意思を持って、自分で答えを持つことができる
・調和:社会性を持ち、他の人間と関りをもつことができる
・連続:自らを書き換え続け思考を連続させ個をつなげていくこと


この3つを獲得することによって「ただの道具」から「パートナー」へと段階を昇華する

しかしどの作品でも語られていますが、アンドロイドは死にません
したがって人間が次第にいらなくなっていってアンドロイドだけでよくないか?
という未来につながっていってしまうという危険性があるわけですね

瞬の父さんが残した記録からも危険性を察した沙羅と瞬は意を決して
完成間近の真トリノを削除しようとしますが・・・・?

RRCの香取所長と徒党を組んだサラに反旗を翻されて世間に公表されてしまいます!
相談役としてかつて自分が生み出した存在がここまでになってしまうとは沙羅ちゃん一生の不覚
VR沙羅の会見

対してこちら
自宅に監禁されたのを助けてくれたのはまさかの日比野さんおppいがでかい

実は冒頭のCGは彼女のことで、沙羅の周りをウロついて情報を監視しろと所長から脅されていたわけですが
沙羅はとっくに気づいて手をうっていたという・・・さすが天才少女^p^

再びこちらについてくれたクラスメイトと夕梨の力も借りて沙羅奪還作戦開始!!
脱出日比野さん

・・・・でけーよ!!!



無事、合流できたと思いきや親玉の出現
みるからに悪い顔してますねこれは・・・ 。 (д) 。
トリノは所詮プログラム、自分を最上位設定にしておけば叛逆されない
なめきっていた所長ですがそこは元データが沙羅です、見事におちょくられて軟禁されます
ダメだこいつ!!典型的なダメな上司だよこいつ!!!
まぁなんとなくわかってましたけど退場早すぎない??ない??
所長の企み


「邪魔ものは消えた」と言わんばかりのサラ
私はトリノとして人類を導く、と自己進化を続ける彼女に
VR沙羅の説得-1


人間として真摯に向き合っていく瞬
リアルタイムで電脳化した瞬は電脳空間でサラと最後の語り合いです
「人間は死ぬから幸せなんだよ」
VR沙羅の説得-2

・人間はバカである
→真トリノは人間を再現したもの
→自分が真トリノであるということはその人間が定義したものを受け入れる必要がある


若干皮肉めいたこの理論をも淡々と語る沙羅ちゃんはいつだってCOOOLなのである

「ならば今後は人間としての幸せを、私に見せつける必要がある」と精一杯の反撃

最後にサラをほっとけないものすごく簡単な理由として瞬は
「世界で一番好きな人のうちの1人なんだから」と告げました

最後の最後で言ってくれるぜ七海君!




結果的に大事にはならず、サラの説得に成功した瞬
沙羅は今後も研究者として見解を広げたいと思う自分がいるとのことで・・・

■えっちは外でやるもんでもねーんだよなぁ!?■

いつか帰ってくると約束して、世界へ羽ばたいていくのでした
沙羅END

エピローグはシロネや夕梨がちょこっとでてくるだけで所長やRRCがその後どうなったとかは
一切触れてません。ちょっとなげっぱなしかなーなんて思ったりもした

ということでトリノライン全3√のコンプリートでございました



CG、BGM、演出、etc

CGは上で散々出してるので割愛ですね
色づかいというんですかねこういうの、影の使い方?テカり??ともかく他のエロゲに比べたら
非常に独特といいますか、光沢がすごいですねって思う

BGMはなんと怒涛の50曲
普通のエロゲってだいたい20~30くらいな気がしますけどね
個人的にはシロネのテーマなんか耳に残ったかなーなんて
あとは主題歌のインストゥルメンタルアレンジが名場面で使われていてグっときましたよ!
BGM多っ!


演出はもう語りきれないというかやってみてくれとしか言いようがないですこれw
画像だと伝わらないんですけど例えばこういうCGなんか瞬きするんですよね
キャラのリアリティというか深みがすごい増して没入感の後押しに一役買ってます

がんばってGIFにしてみました、クリックで動きます!
ともかく全編通してこんな感じで会話してるときなんか当たり前のように口が動きます
アニメーションとはまた違うような不思議な技術ですね、なんていうのだろうなこういうの??E-moteってやつ??
シロネの瞬き

あとはちょっとした立ち絵の位置関係も工夫がみえます
普通にキャラが横並びになってる場面というのがほとんどなくて
あえてナナメにしていたり手前のキャラ、奥のキャラをぼかして距離感を鮮明にしています
立ち位置

最後になんていってもエロですねエロ
上でもちょいちょいのせてますがどれもこれもエロくて抜ける
個人的に一番好きだったのがこの場面、最高でした→■くぱぁ■

なんかもう何もかんも丁寧ってイメージが強かったです
声優さんもどれもうまくて変な声ってのはなかったかなー

ちなみにクリアしてないのにエロシーン解放しようとするとこんな警告まででてきます、遊び心満載か!
公式が実用性とか言ってるのはさすがに笑うwww
エロシーン警告




まとめ

まごうことなき沙羅ゲーだった。
実は幼少期に反応しなくなった執事型アンドロイドが真トリノで復活してサラに会いに行くときに命がけで
手助けしてくれるとかいうのもあったんですけd(ry
ルビィと沙羅


シロネメインかと思ってたんですよね、それがこんな綺麗に沙羅メインでまとめてくるとは思いませんでした
個人√入ると他の人が全くでてこないのでひたすらそのヒロインと向き合うある種現実味がある構成でした
てかシロネ死ぬんかい!!ってずっと言ってるこんなん想像できるか!?

攻略ヒロインは3人と少ないですがうち、二人はVR上にもうひとりを展開してうまく魅せていたと思います
尺も特別短いというわけでもないですしね、特に沙羅√は読みごたえ抜群でしたし言うことなし

・・・とここまで散々言ってますがこれ
「トリノライン:ジェネシス」というFDがでることが確定しています
発売当初はそこまでいってなかったんですけどやるのが半年遅れになったせいで
一周まわって確定してしまったとかいうアレ

・キャラが非常に魅力的、そしてエロい、沙羅ちゃんドスライク
・CGはクセの強い色見だが自分はすごく綺麗に思えた
・前二人は少々物足りなかったがメインシナリオは綺麗にまとまっていてよかった


タイトルの意味ですが、「トリノが至る道」でトリノラインだそうな

作中には時々白い鳥がイメージとしてでてくるのですがそういう意味でも「トリ」
またシロネ√ラストの「あなたは三番目、tri」という言葉に「トリ」
豪華版パッケージの銀色文字が「TRIノLINE」となっています

これ!といった意味はないのでしょうけど色んなところででてくる言葉遊びのようなものでしょうかね

初めてminoriの作品をやってみましたがいい印象で終えることができました
シロネ√終わった時は最悪の気分でしたが、沙羅が本当にハッピーな終わり方でよかったです
スッキリしましたありがとう

ジェネシスはもちろんとしてその次もでたらぜひやってみたいと思います。
長文おつかれさまでした、ではではまた次で ⊂(。д。⊂)
スポンサーサイト

<< BALDR BRINGER -感想- | HOME | ハピメアFD -感想- >>

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://splbs.blog.fc2.com/tb.php/174-c13ae268
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

SPL

Author:SPL
ゲームや漫画、アニメ大好きな社会人
主にエロゲーメインです
pso2:Ship08で遊んでます
招待ID:12113122
連絡先はこちら
spiral_alive_love■yahoo.co.jp
■→@へ
ツイッター→SPL_BS

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2ブログランキング参加中

お気に召したらポチッとお願いします

今まできてくださった方の数

StyleKeeper

ブログ内検索

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。