FC2ブログ

Entries

TOP > [エロゲー単発]ハピメア > ハピメア -感想-
ハピメア -感想-
ハピメア公式


<これは甘くて幸せな悪い夢のお話>

はいということでー久しぶりのエロゲ単発記事となりました
前回のバルドハートが正月あけなんでそりゃもう盛大に!
とはいえ実際にはうたわれを挟んでたのでそうでもないかな?

Q.なんで今更コレ??
A.エロくて気になってたからです


いやほんとに、エロいんだろうなぁというか絵が非常に気になっててたんですよね
イデアもそうだったけど殊、キャラについては気になったモノを選ぶのが一番ということですよ

最初はエロだけ回収してトリノラインをやるつもりでした・・・・が!

やはり自分にはそういうプレイスタイル向いてなくて・・・orz
どうしても気になって「はじめから」を押して普通にプレイし始めてしまいましたとさ

実はこれFDも発売中でダブルパックなるものが売られています
せっかくなんでこれ買いました;;
Wパックパケ

攻略期間は2/28~6/18の約3ヶ月半
・・・・いつも通りだな!な!

1月・・・バルドハート

~エロ回収のためだけにこの辺でハピメア購入~

2月・・・うたわれるもの  ~二人の白皇~

3月・・・ハピメア本編開始

4月・・・だらだら攻略

5月・・・FGOイベントのため完全にハピメア休止

6月・・・モチベが上がってラストスパート

実際にはこのような運びになりました


まぁまた長々書いてもあれなんでサクっと自分用ということで、いつもの通り
※ここから先はネタバレ注意です※




シナリオ

結論から言うと最高だった!!!最高だった!!!!!

全8話+幕間(インタールード)4つという構成になっています

実質個人√と呼べるのは8話からなんですが、「じゃああと全部共通かよぉ!?」と言われるとそうでもなくて
インタールードごとに選択肢がでて、そこで選んだヒロインの内容になる感じです

適当に選んでいるとだれとも結ばれず終了するので、気になるヒロインを連続で選ぶのがポイント

んでもって構成として有栖だけは最後にやらんといけない(やった方がいい)

<理想>
景子→弥生→咲→舞亜→有栖

<実際のプレイ>・・・好きなヒロインは後ろに回す派
景子→咲→弥生→有栖→舞亜


攻略サイトみなかったんでこうなっちゃいました/(^o^)\



第1話

明晰夢を見ることができる主人公、透くんが平穏の日々を過ごしていたところになんと!!!

死んだはずの妹、舞亜が夢の中に現れたのだった
完全にあれですねはい、ゴスロリど真ん中ってやつですねはい。
舞亜-1

ついでにマジカル美少女有栖ちゃんも現れてさぁ大変どうしたことか!っていうお話です
モチーフはもちろん「不思議の国のアリス」
もとい「不思議な夢の有栖」というわけですよ

・夢でしか会えないし夢での記憶しかない(一般教養はある)
・舞亜と仲が悪い くらいの情報しかない
・誰だよこいつ!!でもかわいいよ!!みたいな状態
有栖ちゃん

CGがえろすぎる、タテスジ入ってるしエロすぎるんですよこれ
それ目的で買ったからいいんですけどね!!!!!


なお、インタールードに関してはパターン多すぎるんで割愛/(^o^)\


第2~5話

こっからはほぼ共通で特に書くことがぬえぇ・・・
・舞亜が夢に現れるようになってからみんなが巻き込まれ始める
・それぞれがトラウマに思っていることを夢という形で回想させる
・1話につき一人、掘り下げていくよくあるパターン


咲は自分が、死んだ妹の代わりでいることを気にしていた
咲-1


弥生はみんなと体が違うことを指さされ、擦れて擦れて世の中がどうでもよくなっていた
過去の弥生


平坂は親と確執があって、孤独でいることが当たり前だった
孤独な平坂

各ヒロインのトラウマに(テーマといってしまうと変ですが)を惜しげもなく切りこんでいくわけですね

そしてこんな夢をめぐるのも・・・
全部舞亜のせいだと、なんだこいつ最低な妹だな、とここでプレイヤーは思うわけですねかわいいけどね(超重要)
終始「幸せな夢で、それが本人が納得してればそれでいいじゃないか」と説いてくるわけですよいやらしい(超重要)


第6話

・さらに夢がおかしくなっていって現実との境目がめちゃくちゃになる

んで微妙に変化がついて、これまで仲良くしていたヒロインによって分岐

・有栖or咲√
→咲がお姫様扱いとなって変装した有栖と透で助けにいく

ドレスアップした有栖が見どころです、かわいいです、よだれ垂れますマジで
ドレスアップ有栖


・弥生or景子√

→平坂がお姫様扱いになって咲とカップルに扮した透が助けにいく
男装した弥生が微妙に似合うのはなんだかなw
男装弥生

最後はトナカイで脱出
・・・ってもうこのへんからめちゃくちゃすぎるだろってつっこみまくり
→でもこれ夢がテーマの話だしまぁいいか


舞亜ちゃんの暴走は続く・・・


第7話

だれか一人に決められないならこんなのいらないよね、ブチッ

・・・ってことで女の子になっちゃったあああああああああ
透女体化

すげーよこれうん、正直ずっと笑ってた、これはひどい
今まで色んなエロゲーやってきたけど主人公がtntnもぎとられて女になるようなゲームは初めてです。

みんな大好き温泉イベントを挟んで、各ヒロインと向き合う時間をつくります

ここで透が男として強く自覚する(特定のヒロインと仲が良い)
→男に戻って次の話へ


自覚できない(選択肢適当)
→女のままで話終了、タイトルへ巻き戻り
 となります

・・・・とまぁずいぶん長かったんですがここまでおよそ共通のお話しです
幕間に関しては本当にちょっとしたイベントが入るだけなんで、ニヤニヤが多くなるくらいですかねえ



景子√

よくある後輩ちゃんってやつですね、基本ツンツンたまにデレデレ
親との確執をなくすためのお話・・・なんだけどオチが正直ヨクワカンネ
最後は舞亜がテコ入れして親の方を悪夢に落として反省させてました、おそるべし妹ちゃん

つまるところの景子√での舞亜は比較的いいやつだ、ということです
でもその前に本当に景子一人しか存在しない夢にほうりこんだりしてるし、やっぱり悪い奴だろこいつ!!

最後はいい笑顔ですね、後輩キャラもたまにはいいものですね
ちなみにCVは青葉りんご、前から好きだったけどこのキャラをクリアしてまた一段と好きなれました。
景子√ラスト



咲√

血のつながってない義妹、という鉄板中の鉄板キャラ

なんだけど実はちょっと特殊でそうなったのは実の妹、舞亜が死んだせいなのであった

妹が死んだショックから立ち直れず、現実と夢が反転しそうになった透を引き留めた存在
咲は妹の代わりになるために「自分」を捨てないといけなかったのです・・・
咲の覚悟

実は主人公が知らない舞亜と咲の「内緒話」があって
その話をした自分のせいで死んでしまったという自責の念もあった模様
『その日から「透ちゃん」って呼び方を「兄さん」にした』ってのが切なかった
つまりあれだ主人公があまったれてるのが悪いんだな!!!


ということで抑えられなくなってきた咲の気持ち
透の妹への愛情、舞亜への未練などなど決着つけようぜ!っていうお話

最後は二人の力で夢の中の舞亜を撃退、思いをふりきり幸せになるのでした
決別
舞亜ホントに悪い顔してんなこいつwww


弥生√

金髪!巨乳!!年上!!!CV.風音!!!!
これ以上なんか言うことあるんかああああああああああ!!!!!
弥生バニー

ということでこのキャラ目的で買ったのが正直なところですはい。。。

からかい上手なお姉さん、ただし自分がされる側になることを想定していないというアレ

紆余曲折を経て、透と恋人になったのはいいけど自分はあと一ヶ月でイギリスに行くことに!
→現実には疲れた、もう夢の世界に逃げたい
→「本気なら止めにきて」


とかなんとかいいつつヤルことはヤル、エロい、エロすぎる

けっこう話としてはよくあるパターンですが、そこを夢と絡めていくのがこのゲームです
内容的には「猫かぶっている」のミスリードが面白かったかな??

主人公だけは「今」の弥生と会う前に「擦れ切った」弥生と会っていてそれを実は覚えているというオチですね
今の私は上辺だけ、上っ面だけ整えて、それでうまくいったからそうしてるだけ
→いやそんなことはない、弥生は弥生だ
→そんなことは「最初に会った時」から知ってるよ

っていう感じで口説き落とす主人公かっこいい、最高でした

最後がパっとしない・・・と思いきや
エピローグでしっかり補完、向こうで同棲計画をたてて幸せになるのでした
弥生エピローグ

髪おろしたverとかもう超かわええ
ホントかわいいから、やってよかったもう最高でした(語彙力低下




舞亜√

√ってかEND扱いですね
そう、BADEND扱いにせざるを得ないんですよね物語の構成上・・・

・そもそも舞亜は死んでいるのが確定
・会えるのは夢の中だけ


ということから現実で結ばれるわけにもいかないので・・・

温泉イベントからの分岐でそのまま舞亜に夢の中つれてかれておまけ程度のエッチして終了。

ちなみに章の名前が「おやすみ」になってます
これは次の有栖√のエピローグ「おはよう」との対比になっていてちょっと笑ってしまいますねw

全てはこの後の有栖√で解けるってことで!
舞亜END




有栖/有子√

ようやくきたぜメインヒロイン!

とまぁここまで色々なヒロインと結ばれて色んな結末を見てきたわけですが・・・
各ヒロインのENDを終えた状態で「はじめから」をプレイするとなんとシーンが増えてるんです

今まですんなり進んでいた話の間にちょいちょい疑問が浮かんでは消えて、浮かんでは消えて・・・

そしてとあるヒロインがみている、繰り返される夢の中でのお話だったという事実にたどりつくわけですよ

まさかの夢オチ!

ここまで長くまったりやってるプレイヤーからしたらものすごい衝撃なんじゃないでしょうかぁ??
リアルタイムで4ヶ月くらいかけていたのですごくゾワゾワしました

・舞亜の夢を見始めた日から各ヒロインのトラウマをみて、クリスマスを過ごし、
 正月を越えて、結ばれるまで、の間が全て「夢」


主人公の「ウソ・・・だろ・・・」という気持ちとシンクロ率がぱねーです

・全ては「鳥海有子」が見ていた夢のお話、それに全員が巻き込まれていた
・有栖は夢の中での有子であって、理想を追求した形(元気いっぱい、胸ぼいん等)
・有子にとってはこの夢が全て、傍観者のような存在
・透が気づいて壊さないように有栖を利用して繰り返してることを忘れるように仕向けていた
・有子にとっての有栖のように、透にとっては「もしかしたら」という意味合いで舞亜がひっぱりだされてきただけ


うぇえええいかわいいなおい、有栖そっくりな有子ちゃんですねはい
だるそうな有子

前提として進めていた
舞亜がでてくる→主人公の夢≒主人公のせいみたいな図がひっくり変えるわけですね

・ネタがばれたので巻き戻しが通用しない
→現実に戻るしかないと、目を覚ます


もちろんのこと夢を覚えてられるのは透のみなので他のヒロインには話が通じず・・・
けれでも心の中のモヤは晴れずに今まで敵だと思っていた妹に助けを求めます

「───これでこんな夢は最後だ。鳥海をたたき起こす。」

しかし有子が目覚めるということは有栖が消えるということでぇ・・・??

再び夢の中で有栖と再会、覚悟を決めて最後のデート→お楽しみ

まぁいわずもがな、エロい、エロすぎる
弥生に次いでメインヒロインがこんなかわいいともうね、枯れますよはい。


「私はどうせ消える、だからほっといて、優しくしないで」→有栖ちゃん脱走!!
有栖逃げ出す

様々な「夢」を通っておっかけるんですけどこっからの演出がすごくて、ええ・・・

今まで攻略してきたヒロインの夢を通るわけですよ
最初に舞亜の力を借りる→景子→弥生→咲の順番で各々と"恋人状態"の当人たちを目の前に
目の前で女を振る!
本当に・・・ここは目頭が熱くなりました・・・(;∀;   )




Q.そもそもなんで有子がこんなんなった??
A.過去の透が適当に答えたせい


咲の回想でもでてきた、過去編
実はこの時点で二人とも会っていた・・・わけですが・・・
有子の問い

この時点で「舞亜がいない世界は辛い、死んでしまいたい」と言ってしまっていた

「このせいでそれ以降の有子が曲がってしまっていった、責任はオレにある」

ということで夢の中から舞亜の力をつかって書き換え
「自分から死んでも良いなんて思わない」と言い直す

今までのヒロイン相手に舞亜が使ってきた
「夢からのテコ入れで現実を変えようとする」方法
透が頑なに拒んできたこれを、自分の都合で使う、最初で最後のワガママみたいなね・・・!!

舞亜の力を使って"過去"のある地点から"今"に至るまで記憶を塗り替える荒技
舞亜の本気
他の人と違って透は夢を覚えてしまいます
そこに至るまでの時間の書き換え、壮絶な負担がかかるそれでも有子のためにと!
『だってその方が間違いなく良いと思ったんだ』


・・・・とはいえどれだけ有子を前向きにしようとも
有栖はやっぱり「不思議な夢の有栖」なわけで
有栖と透

ウソだろおおおおおここまでやってきたのにいいいいいいいい結局消えるんかああああああ●△×※■




エピローグ「おはよう」

夢の書き換えにより、有子の記憶には透がくっきりと残るようになった
紆余曲折を経て、前向きになった有子
久しぶりの登校のために街中へいくと透たちが迎えにきて・・・・??

有栖&有子END

こんなん、泣くに決まってるよなぁ!?
・立ち絵では帽子かぶったままで片目が隠れている
→最後のCGで帽子がはずれて目の色が有栖と同じになっているのがわかる


消えたはずの有栖、しかし心には本人の自覚なく、けれでもはっきりと有栖が存在しているのでした!!

あーダメですねやっぱり久しぶりに純愛モノやると泣きかかっててダメですわ (ノд;)


これにてハピメア本編終了です



CG、BGM、演出、etc...

CGに関してはもういわずもがな、上記でたくさん紹介してるので良いでしょう
エロいしかわいいとしか言いようがないもう100点!文句なし!
エロゲーとして絵がエロいのは最も評価されるべき点ではないだろうか

その他随所で出てくるSDキャラもコミカルでかわいいですね、もうかわいいしかいってないね
有栖と弥生SD


BGMはシリアスシーンが特によかったかな
錯綜する記憶、心の輪郭、幸福の残
この3つはずっと聞いていたいレベル



森の中移動してる時や廊下走ってる時、雨の演出など当時としては最先端だったのかなって気がします
まぁもう4年前のゲームなのでなんともいえませんが・・・;;

あとは弥生√ラストのCGの構図はそのままに過去から一気に現代に戻ってくるシーンなんかグっときました




まとめ

やってよかった、本当によかった!!(二回目

タイトルは「ハッピー+ナイトメア」「幸せな悪夢」という造語ですがまさにピッタリの内容でございました

シナリオに関しては100%のハッピーエンドではないもののスッキリとした読み応え
個人√はあっさり目だけどメインがしっかりしてればいい派なのであんまり気にならなかったかな?

各ヒロイン攻略時には「舞亜が絶対的悪者」という印象を植え付けながら
メインシナリオにいくと「むしろいいやつだった」という真逆の印象になる構成ね!
有栖の正体に関しても他ヒロインやってるだけだとまるでわからないというね、最後までやってこそですね

反面、中間の場面展開がわかりにくいとこがちょっと残念

・夢の中なのに寝るような描写が何回もある
・別の夢から別の夢へ予告なしに切り替わる
・したがって「今はどこでどの状態なのか???」という疑問が常についてまわるような感じになる

具体例をだすと
平坂救出のために保健室で寝る→夢の中の平坂を説得→舞亜にたぶらかされる→自室のベッドで目覚める場面
という感じであっちゃこっちゃいきすぎかなーって思いました


実際には
・有栖がいる場面は全て夢
・1章中間から各ヒロインの8章まで(エピローグのぞく)までが一通りの夢

というオチなんで細かいこと気にしたらダメなん・・・だろうな・・・!
テーマが夢だしな!まぁいいよな!!

学園モノに毛がはえた程度なのかなぁそんな面白い展開になるかなぁなんて感じで始めたけど大満足
やっぱりメインヒロインがかわいいとモチベーションが違いますね
本当に久しぶりに純愛モノやったので感動しました
全員集合






「サクっと書く」とかいっといてこの長さである、あほすぎである

とりあえず言いたいこと書き殴ったわけですけど冒頭でいったとおり
これはWパック、つまりFDがもう既に存在しているのです

ということで次はもちろんFDやるぞおおおお魚おおおおおおお
今回はちょっと特殊で別のゲーム浮気しまくりでこんな長くなってしまったので・・・
次は2ヶ月くらいを目安にクリアすr・・・できると・・・いいなぁ

長らくおつかれさまでした、ではまた! 。(∀°)ノ 

■ハピメアFDの記事へ
スポンサーサイト

<< EP4も終わり | HOME | グラーシアとファレグ >>

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://splbs.blog.fc2.com/tb.php/168-af63eae8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

SPL

Author:SPL
ゲームや漫画、アニメ大好きな社会人
主にエロゲーメインです
pso2:Ship08で遊んでます
招待ID:12113122
連絡先はこちら
spiral_alive_love■yahoo.co.jp
■→@へ
ツイッター→SPL_BS

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2ブログランキング参加中

お気に召したらポチッとお願いします

今まできてくださった方の数

StyleKeeper

ブログ内検索

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる